« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

宮部みゆき「英雄の書」

宮部みゆき「英雄の書」

SFです。最近の彼女のパターンで現実的ワイドショー的な事件が入口でSFの世界にタイムスリップしていく。読む人はどっちの世界に立つのか混乱すると思うな。私はOKだけど。結局現実に立つならお兄ちゃんはどこにいっちゃったの?という結論がしっかり出ていないからなんだかなと思う。SFの側に立つならあまりにも導入部と全体の世界が違い過ぎて納得できない。

それはそうとこれに出てくる「英雄」の概念がおもしろいのです。彼女の考えではこの今の21世紀の社会では英雄は犯罪者、ダークヒーローなのです。そりゃそうですよ、戦争で人を殺すのが英雄なんだから。同時にワーグナーの「英雄(ヘルデン)」の概念に近いものがあると読んでいてそっちの方が気になっちゃった。

この英雄は英雄的行為をしようとするあまり現実世界の規範は崩してしまう。ドイツ人国家を作ろうとユダヤ人を虐殺したヒットラーのように。そういうものを批判している意図もあるのかなと。

それから現実世界の対極にパラレルワールドのようにある世界、これが「物語の世界」=フィクションの世界なのだ。人間はこれを生み出さずにはいられないという話。これもなんかすごくわかる気がするのよね。人間は現実だけでは生きていけないので無数の幻想を生み出しそれに陶酔しながら、麻痺しながら生きているんだ。

あたしもそうだ。多分作者もそうなんだ。現実ではいっしょけんめい仕事をし家事をしているけどまったく別の世界がないともう生きていけない体になっている。

それが今の日本人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

リボルバー

映画、リボルバー。脚本が元マドンナのだんなの人。監督がリュック・ベッソン。新しいスタイルの映画でした。主役のジェイク・グリーンを演じるジェイソン・ステイサムがとってもかっこいいです。マフィアの親分レイ・リオッタもすごい演技を見せてました。役にはまってたな~ 写真を見るとステイサムはもっと頭の毛が薄いみたいなんですが、この時は鬘だったのでしょうか?

「チェスの上達には常に自分より上位を相手にすること。」

この映画は一言で言って「不思議な映画」です。次々と罠が仕掛けられる…そのとおりなんです。主人公もやくざも見ている私たちも混乱する。そして個性が強烈に描かれている。孤独なスナイパー、殺し屋役のやせた頭の薄い男はすごくいい味出しています。なんかそこだけデニーロの映画「タクシードライバー」かよという感じで。

とにかく新しい!ゴッドファーザーの世界やなんやら昔の映画のテイストがまじっている。映画好きオタクが作った新しいハードボイルドな不条理な世界。心理学的テイストもあり。こういうのがアカデミー賞とるべきじゃん。と思う。

「ジャンパー」

なんかビヤホフそっくりの男が出ているなと思ったら、ヘイデン・クリステンセンだった。見ている時は気付かなかったが、ジェイミー・ベルも出ていた。彼は「リトル・ダンサー」のビリー・エリオットだった。これはまあ単なるエンターテインメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »