« 小説 トリスタンとイゾルデ1 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »

2007年12月 5日 (水)

小説 トリスタンとイゾルデ10

小説 トリスタンとイゾルデ10

「さあこい!メロート! 裏切り者め!」
トリスタンは自分の剣を投げ落とすと、メロートの剣をつかみ、自分の腹に突き刺した。
動揺するメロート。
「何を…!」
トリスタンはメロートの体を引き寄せて耳元につぶやいた。
「いいんだ…メロート…
「俺を殺してくれ…
「後生だから…
そういうつもりではなかったメロートは激しく動揺する。
「何を言ってるんだ!」
体を引き剥がすメロート。
そして大きな声で叫ぶ。
「トリスタンは死んだ! 行くぞ。捨て置け!」

メロートと配下の部下は出て行く。
マルケ王はイゾルデをエスコートして出て行く。
クルヴェナルとトリスタンだけが残された。

クルヴェナルは泣きながらトリスタンを背におぶり、川岸を目指した。
追っ手が来ないうちに逃げようと、彼を小船に乗せて、故郷のカレオールを目指した。

HOME Second Top >

|

« 小説 トリスタンとイゾルデ1 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007年12月 7日 (金) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503911/9268917

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 トリスタンとイゾルデ10:

« 小説 トリスタンとイゾルデ1 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »